眞鍋かをりさんのバイク情報!

才色兼備、さらにバイクという趣味を持つ眞鍋かをりさん

眞鍋かをりさんは、愛媛県西条市の出身で、横浜国立大学人間学部卒業という才色兼備な女優さんです。
1999年にホットドッグプレスのドリームガールグランプリを受賞し、翌年東洋紡水着キャンペーンガール、さらにドリームガールグランプリを受賞しました。
その後、ドラマに出演し、さらに映画ウォーターボーイズで映画デビュー、ブログも非常に高い人気を誇り、男性からも女性からも人気のあるマルチタレントさんとして活躍されています。

現在、ミュージシャンの吉井和哉さんと結婚され、1児のママさんとなってからも輝く笑顔が美しいタレントさんとして人気があります。
旅が好きな眞鍋さんは基本的に一人旅が好きなのですが、ドイツのビール祭りに参加したいと思った時、さすがに一人は厳しい・・・とインターネットで旅の仲間を募集し、女性の旅仲間を探し初対面の日本人女性3人と一緒に旅行したというお話も残っています。

美しく聡明、その上積極的で行動派、そんな眞鍋さんの趣味を聞くと、なるほど眞鍋さんのポジティブな性格とチャレンジ精神を彷彿とさせる「バイク」だといいますので妙に納得です。

ヘルメットを脱いで髪の毛がさらさらっと・・・

女性ライダーが美しいと感じる瞬間というと、多くの方がバイクを止めてヘルメットをとった時、長い髪の毛がさらさらっと出てくる瞬間・・と思うものですが、眞鍋さんいわく、そういう所にあこがれたけれど、全くそうならないと伝えています。

2009年に二輪車交通安全啓発イベント、バイクの日、スマイル・オン2009に親善大使として登場された時のお話です。
フルフェイスのヘルメットをとった時、髪の毛がばさっとなるのがかっこいいと理想の女性ライダー像として語っていたのですが、実際に自分がバイク乗りになってみると、汗でべたべた・・そうならないと苦笑いされていました。

バイク免許を保持されている眞鍋さんは、バイクの魅力について、運転することで風を体に感じられるのがいいとお話しされています。
またバイクの実力については、「低く認識」しているという眞鍋さんです。

バイクはクルマと違い生身の体を保護できるのがヘルメットのみ、という状態で走ります。
プロテクターなどを付けていても、大きな事故になると命を失うリスクが高くなる乗り物なので、眞鍋さんのように発言力があるタレントさんが、危険への啓発を続けてくれることは本当にありがたいことです。

忙しさの中でもバイクに乗りたいと願う気持ち

時間が自由にならないタレントさんという商売、しかもお子さんが出来てより時間が無くなっている生活だと思います。
しかし、何事にもポジティブな眞鍋さんですから、きっとまた、時間ができたらバイクに颯爽と乗る姿をみられる事でしょう。

ブログでも、バイクに乗りたいという気持を語っておられますし、年齢を重ねてからの女性ライダーも本当に美しいものです。

Older Entries