バイクの楽しみ

バイクというのは、いろいろな楽しみがあります。
私は先輩の影響でバイクの免許を取り、バイクに乗ることにしたのですが、
実際に自分でバイクを持ってみて、さらにバイクの魅力に気づいたのです。
先輩の後ろに乗せてもらっている間は、単にバイクに乗ることそのものが楽しかったのですが、
実際に自分で自由にバイクに乗ることができるようになると、さらに別の楽しみというものをみつけることができるようになったのです。
ただ単にバイクに乗るだけではなくて、バイクに乗ってどこかに行くということが楽しみだと思えるようになってきました。
バイクというのは私たちをいろいろなところに連れて行ってくれます。

もちろん、そういう意味では車も同じように、時間などに関係なく、あちこちに移動するのに便利な乗り物でもあります。
ところが車の場合には、駐車場などを探すのが大変だったり、寄り道をすることが難しかったり、何かと制限が多かったりするので、
意外と小回りが利かないという面があります。その点、バイクの場合にはそういうことがないのです。
自由な気持ちで運転することができるのがバイクの魅力なのではないでしょうか。自由なき持ちというとちょっと変かもしれませんが、
車と比べると、まるで自分の足になったような気持ちで乗ることができるのがバイクなのです。

ふらっとどこかに行きたい、そんな時、車だといろいろと準備をしなくてはならないということもあるでしょう。
また、夜だとちょっと不安だとか、何となく億劫だと感じてしまって、運転したくなくなることもあります。
ところが、バイクだとそうやって身構えることはないのです。確かに、たとえば車と違って、雨の日、寒い日、暑い日、などは
運転する気持ちにはなかなかなれないかもしれません。しかし、細かい道でも自由自在に走ることができたり、
ふらっとどこかに出かける時にさっと乗ったりすることができたりするという意味では
車よりも遙かに身軽で気軽な乗り物だということができるでしょう。これがバイクの楽しみなのです。

また、電車などと違って、終電を気にする必要もありません。
自由な時間に行って帰って来れるって言うのも嬉しいですよね。
私はグルメな方で、突然夜中にラーメンを食べたくなったり、ふらっとどこかに温泉みたいなところに
入りに行きたくなったりするんですが、そういう時でも、時間を気にしないでバイクに乗ってでかけることができるのです。
これって、とても大きなことだと思っています。こんなに気軽に動くことができる交通機関っていうのもそうそうないですよ。
バイクに乗るようになって、行動範囲が広がるだけではなく、積極的に自分からいろいろなところに出かけようという
気持ちになったというのも大きなメリットと言えるでしょう。バイクが私の背中を押してくれているような気がするのです。

Comments are closed