もしもに備える

バイクの免許を取得してから考えるのはバイクのことももちろんそうですが、バイクは公道を走るもので、公道には自分のバイクだけではなく、普通自動車もトラックも原付も他のバイクも走っているし、障害物があったり、ルールがあったり、人が歩いていたり、自転車に乗る人がいたり。

当たり前のことですが、この当たり前のことの中に大きな危険が潜んでいる場合が多くあります。

自分は安全運転だから、気を付けていつも運転しているから、初心者だからスピードも出さないしと思っている人がいるかもしれませんが、事故などは必ずしも自分だけが悪い場合に起こるものではありません。

怪我などの程度もさまざまで、かすり傷程度のものもあれば、重傷の場合も十分に考えられますし、最悪の場合には命を落としてしまう場合もあります。

自分が悪い場合には相手の人生やけがに対して補償しなくてはなりませんし、考えられないくらいのお金が必要になってしまいます。

すぐに職場復帰できればまだいいですが、悪い方向にいってしまったら、職場もやまなくてはならなくなるかもしれません。

バイク保険は自動車保険などと同じで、けがや相手への補償などへの備えです。

入っているか入っていないかによって、事故後の自分の人生も大きく変わってしまいます。

怪我の程度などは装備などももちろんありますが、運の部分もあります。

あれだけの大事故だったのに、かすり傷で済んで良かったという場合もあれば、少し当たっただけでも重大な神経を傷つけてしまい一生不自由が残ってしまうということもあるのです。

そんな自体になった時に備えるということは、バイク乗りとしての義務でもあると思います。

バイクの免許を取って、乗るのであれば、バイク保険を考えましょう。

忙しくて、そんなのを決めている暇がない、考えている余裕がないと思っている人もいるかもしれませんが、今はネットという便利なものがあります。

ネットで探せば、バイク保険でも複数の保険会社に一括で見積りを依頼できるサイトも多くあります。

通勤時間や夜中などの時間にもベストなバイク保険を選ぶことができるのです。

自分に必要な保障とそうでない保障、自分のバイクだったらこの値段など、個別の保険料を出してくれますので、ただネットで保険会社のHPを見て、保険を選んでいるのとは効率的にも違います。

自分にベストで一番安い保険を選ぶことが簡単にできますので、まずバイクの免許を取ってバイクに乗ろうと思ったら考えてください。

Comments are closed