本と音楽とバイクと私

ひとりでふらっとどこかに行きたくなることってありますよね。
特にバイクに乗るようになってから、いつでもどこでも気軽にでかけることができるようになったので、そういう機会が増えたように思います。電車やバスなどの公共機関を使う場合には、どうしても終電が気になってしまったり、バスの時間に合わせて行動しなくてはならなくなったりして、それだけでふらりとでかけるという気持ちにもならないでしょう。かといって車を買うほどの余裕もないし、駐車場代もばかにならないし。

でも、バイクを手に入れてからは私はふらふらといつでもどこでも自由に行けるようになった、まるで羽根を手に入れたような気持ちになったんです。バイクというのはまさに私にとっては羽根のような存在なんですよ。
そして、バイクに乗ってどこかに行く時の楽しみは、やはり自分の好きな場所に行くこと。それはその時々によって変わって来ます。

たとえば、前にもお話ししたと思いますが、温泉に入るのが好きなので、ちょっと日帰り温泉にでかけるっていうこともあります。あるいはそこまで遠出をしなくても、ちらっと海を見に行ったり、あるいは美味しい物を食べに行ったりするっていうのも良いでしょう。特に目的もなく、何となくふらふらとバイクでツーリングを楽しむのも面白いものです。

そういう楽しみ方というのはバイクならではですよね。もちろん、ある程度道を知っておかなくてはならないので、まったくの知らない道を走るということはあまりありませんが、それでも気ままに何となく走っていると、それだけで気分がすっきりとしてきます。

そんな私の楽しみは、まだ他にあるんです。ただバイクに乗るだけではなくて、自分の好きな本と、そして音楽プレイヤーを持っていくことです。そして、人里離れた場所で、あるいは偶然みつけたおしゃれなカフェやレストランで、大好きなコーヒーを飲みながら、あるいはパスタを食べながら好きな音楽を聴き、そして読書をする。それが至福の楽しみでもあるわけです。

ひとりきりの時間を優雅に楽しんでいるっていう気持ちになるんですよね。バイクだからこそ、ふらっとでかけることができるし、それに、羽根のようなものだから、移動するときもまるで空を飛んでいるかのような気持ちになり、目的地に着いても、何となくふわふわと浮いているような錯覚にとらわれるのです。そういうのもまた楽しみのひとつだなって思っています。みなさんもぜひ試してみてください。

Comments are closed