バイクに乗ろうと思ったきっかけ

私が子供の頃は、バイクというのは男性の乗り物であり、女性が乗る物ではないという考え方が主流だったように思います。
もちろん、女性の中にもバイクに乗っている人はいましたが、男性に比べると多くはなかったのではないでしょうか。
今でも確かに全体的な割合で見てみると男性のバイカーの方が遙かに多いように思います。
しかし、昔と比べると女性のバイカーも増えてきているように感じるのです。
今や乗り物には男女の差はないのではないかという気すらしてきます。
先日何かの記事で、あのフィギュアスケート選手の荒川静香選手がバイクに乗っている姿を見かけました。
氷上での荒川選手のイメージからは想像ができないほど凛々しい姿で、女性としてすごく嬉しかったです。
と同時に、私も自分がバイクに乗ろうと思った時のことを思い返してみました。

今ではもうすっかり自分がバイクに乗ることには慣れていますし、それが当たり前になってしまっているのですが、
バイクに乗ろうと思った時はいろいろなことがありました。両親も最初のうちは私がバイクに乗ることを
あまり快く思っていないようでしたし、周りの人たちも私とバイクが結びつかないようで、
私がバイクの教習所に通っているという話をしても、良くわからないような感じで接していました。
それぐらいまだ女性にとってはバイクの存在というのは大きなものであったり、異質な物であったりするのではないでしょうか。
でも、やっと最近ではバイクを乗っていても、そんなに昔のように驚かれることはなくなりました。

また、私の周りにもだんだんとバイクを乗っているような女性が増えてきたのも嬉しいものです。
そしてそういう人たちといろいろとバイクの話をしたり、
バイクを通じて仲間になったりすると、自然とそういう交流が増えてきます。
それがさらにバイクにのめり込むようになった理由でもあるのです。
最初のきっかけはそれほど大きなものではありませんでしたけれども、
今ではバイクというのは私の生活になくてはならないものになりました。
ですから、そんなきっかけを与えてくれた人や、あるいはそのタイミングというものに私は感謝したいと思っています。

バイクがあるおかげで私は毎日をいきいきと過ごすことができます。仕事でつらいことがあったり、
私生活で、何かストレスを感じることがあったりした時でも、バイクに乗って、あてのない小旅行にでかければ、気分も晴れてきます。
そういう存在と出会えたことは私にとってもとても大きいことなのです。

Comments are closed