手入れをする

バイクというのは、機械です。

雨でも嵐でも走ることができるので、そんなにヤワにできているわけでもありませんから、すごく気を遣う必要はないかもしれませんが、最低限のメンテナンスはするようにした方がいいと思います。

そのバイクが気に入っているならなおさら、壊れてほしくないので、メンテナンスは重要になってきますよね。

まあ、バイクに限らず何でもそうだと思いますが、バイクは車と違って、エンジン部分もむき出しになっていることも多いので、しっかりとしておくことも重要なのではないかなと思いました。

そこで、いろいろな人に聞いてみました。

普段のメンテナンスのやり方についてです。

メンテナンスがいかに重要であるかということも説明してもらい、納得しました。

やはり長く乗りたいと思うからこそ、大事にしたいと思います。

普段のメンテナンスは乗った後に、軽く拭いてあげる程度でいいそうです。

これは、乗らなくてもやるのがベストみたいですね。

毎日拭いてあげることで、バイクの普段の状態というのが、手の感覚で分かるようになります。

拭くときに見ることで、自分のバイクが今どんな状態なのか、傷がどこにできているのかなども目で確認できます。

こうして、毎日拭いていることによって、実際に異常が出てきたときに、いつもと違う感じで分かるようになるそうです。

手に伝わる感覚だったり、目で確認したりすることによって、自分で異常が発見できるということですね。

できれば乗らないときでもエンジンを一度かけてみて、耳でも毎日確認しておくことで、エンジンをかけたときに異常があれば、すぐに聞き分けられるようになるのです。

毎日のちょっとしたメンテナンスが自分の身を守ることにもつながりますし、大切なバイクを長く使うことができる秘訣にもなるのだと思います。

どうしても自分でできないという人は、定期的にバイク屋さんに持っていくというのも一つの手です。

定期的に点検だったり、メンテナンスをすることによって、大切に乗ろうとも思いますし、愛着もわきます。

しかもプロにやってもらうわけですから、しっかりとしたメンテナンスが期待できますので、その点においてもプロにやってもらうという選択肢はいいと思います。

本当は自分でもやって、プロにもちゃんと点検してもらうというのが、一番いいと思います。

自分でできない部分をプロにやってもらったり、アドバイスを受けたりということがいいのではないでしょうか。

Comments are closed