北海道、富良野を訪ねて

そうだ富良野に行こう

バイクによる次なるツーリング先を考えていたとき、様々な情報に触れていった中で興味を持つことができたのが北海道という場所でした。
日本国内でも屈指の、あの広大な大地を自分の運転でバイクで走ってみたいと考えたのです。
まわりにもそういうライダーが多いですし、話を聞くたびに行ってみたいと思っていた場所でした。

人から聞いてもツーリングの醍醐味を最も味わえる場所だと言いますし、自分でもそう思っていたのです。
しかし、行きたいとは言っても、闇雲に北海道を走るわけにもいきません。
あそこはあまりにも広いのできちんと目的地とコースを限定しないと、大変なことになると考えたのです。

そのため、まずはルート設定をきちんと考えることにしました。
本や雑誌、ネットなどを使って情報を集めながら自分の中で考え抜き、北海道ツーリングのゴールとして選んだのは富良野です。
有名なドラマの舞台ということもあり、いつか行ってみたい旅先ではあったのですが、今回は自分の運転でゆったりとバイクで出かけようと考えたのです。

ネットで見ている限り、凍結などの心配も主要道路などではそこまでないということだったので、それらの情報をもとにルートも考えました。
最初に向かったのは函館で、そこから北上する形で富良野の街を目指しました。
函館から徐々に北上し、その日の夕方には苫小牧に宿泊し、翌朝いよいよ富良野に向けて出発しました。

2日かけて富良野に到着

幸い天気には恵まれたので、スケジュール通りに走破することができ、二日目の夜には富良野に到着することができました。
富良野では街の真ん中にある大きめのホテルに宿泊しました。
じゃがいもやとうもろこしなどの名産品もあるエリアですが、やはり観光地として多くの旅行者を受け入れている場所なので、観光案内所や道の駅などの施設も充実していました。

道路上で立ち寄ることのできるスポットが多い街というのはありがたいので、助かりました。
また、バイク専用の駐車スペースを確保してくれている場所が多かったので、ツーリングを楽しむ人間としてはとても助かりました。

夜はひとりで食事をして、翌朝は朝日を眺めながらバイクで走り、景色のいい場所で朝食を楽しみました。
早朝の富良野は空気がとても澄んでいて、眺めも最高でした。
食事もおいしいですし、とても自然が豊かで快適な時間を過ごすことができました。

北海道はまだまだ広いので、今回は富良野を回りましたが、今後も様々な場所に向かってみたいと思っています。
直線の道路が多くて、走りやすい道が多いので、ツーリングで北海道に来たがるライダーが多いのも理解することができました。
自分も北海道を隅々まで走って、楽しみたいと思っています。

Older Entries