北海道の広さを味わいたいなら「ミルクロード」

北海道のミルクロードとは?

バイク好きの人であればツーリングに一度は出掛けたことがあるかと思いますが、どうせツーリングに出掛けるなら気持ちよい道路を走りたいと思うはず。
全国各地には、ツーリングに適している道路が数多くありますが、その中でも今回は北海道にあるミルクロードという道路についてみなさんにご紹介させていただきます。

ミルクロードとは、直訳すれば牛乳の道ということになりますが、初めて聞いた人はどんな道路なのか想像もつくことができないでしょう。
ミルクロードは北海道の中標津町を始めとした道路なのですが、このミルクロードが周辺の牧場などから牛乳を集荷するタンクローリーが走る一直線の道として有名で、総称してミルクロードと呼ぶようになったのです。

そんなミルクロードなのですが、前述した通り一直線の道路が続いており、非常に見晴らしが良く、なだらかなアップダウンが続いている道路です。
このミルクロードが中標津町の星座観察ポイントであり、ツーリングを行うライダー達にとって聖地とも言える開陽台への道路となっており、ツーリングを行うライダーであれば必ず一度は訪れた方が良い道路と言われているのです。

このミルクロードは北海道にあるということもあり、北海道でしか味わうことができない北海道の雄大な大地を身を持って体感できる道路です。
そんなミルクロードに足を運んだ人達の実際の感想はどのようなものなのでしょうか?

ミルクロードの口コミ

ミルクロードはライダーだけではなく、一般の観光客や北海道の人達も訪れるスポットですが、実際に訪れた人の中ではやはり、一直線に果てしなく続く道を見た瞬間に北海道の大地の広さを目の当たりにするそうです。
その他にも、ミルクロードの回りは牧草地が延々と広がっているので、雪がない日などは自然を肌で感じることができ、走っていてとても気持ちが良くなってしまうそうです。

ミルクロード周辺について

ミルクロードは一度はツーリングしてみたい道路だと前述しましたが、ミルクロード以外にも周辺には見逃せない観光スポットがあるのです。
いくつか観光スポットがありますが、その中でもやはり外せないのが開陽台でしょう。

こちらも前述しましたが、開陽台はライダー達の聖地とも言える場所で、ミルクロードから約3キロほどで到着するスポットです。
開陽台の展望館からは、果てしなく続く地平線を見ることができ、都会では絶対に見ることができないその光景は訪れた人達を魅了することでしょう。
また、地平線を見渡すことで地球の丸さを感じ取ることができ、日頃のストレスなどを忘れさせてくれる観光スポットとなっていますので、ミルクロードに行く際には必ずこの開陽台に行くことを忘れないで下さい。

Older Entries