危ない場所

バイクに乗っていると、危ない場所というのが必ずあります。

単独事故を起こしやすい場所だったり、見通しが悪く、衝突事故が起こりやすい場所だったり。

バイクの場合には、車と違って、自分を守ってくれるものが、ヘルメットくらいしかない、無防備な状態です。

普段から気を付けていることはもちろんです。

普通の道ですら、事故というのは多く発生します。

いつも通っている道だからとか、見通しの良い場所だからとかの安心や油断で、事故は発生します。

バイクは、事故を起こした際には、重大な怪我につながる場合も多いですから、危ないと言われる場所では、特に気を付けて運転しなくてはなりません。

バイクの本当の初心者だと常に気を付けて運転していることも多いのですが、ちょっと慣れてきて、自分が運転できると思っている頃は、油断していることが多いので、バイクの事故も多いです。

そういう時こそ、気を付けなくてはいけません。

危ないと言われている場所をいくつか調べましたので、書いておきます。

具体的な地名ではありませんが、状況や道路の状態などですので、その場面に遭遇した際にはいかなる場合であっても、注意して運転するようにしてください。

・車の斜め後ろ

バイクで走行していると、街では車の斜め後ろを走るということはよくあります。

しかし、これが注意なのです。車から自分が見えているとは限らない、または注意しているとは限らないということです。車は急に左折してきます。車の斜め後ろを走っているときには、車は急に止まったり、曲がったりするものだと思っておくようにしましょう。

・ぬかるみと道路

ぬかるみというのは危険です。とくぬかるみから舗装した道路に入る瞬間は、タイヤに詰まった土が溝を塞ぎ、道路に出た瞬間に滑るということがあります。ぬかるみから出る前にタイヤのつまりはとっておきましょう。

・風の日の高速道路

風の日はバイカーにとっては、とても危険な日です。

風向きというのは変化します。そして横を走っている車によっても。

風にあおられて転倒するという事故も起きています。

とくに高速道路上では、風の強さだけでなく、向きにも注意していなくてはなりません。

・土地勘のない車のあまりいない道路でのカーブ

ツーリングに行くと、土地勘のない道も走ると思います。

しかし、ここに危険が潜んでいるのです。のどかな道だとしても、車のこない道というわけではありません。とくにカーブなどでは、注意が必要です。

なれたカーブならば、向こうから車が来たとしても、どのくらい膨らんでくる可能性があるかなどが大体分かったり、車が来ているかどうかもわかりますが、なれた道、とくに車のあまり通ってないようなカーブだとお互いにスピードを出していたりしますので、注意しなくては衝突してしまう可能性があります。

他にも危険な場所はいくつもありますので、常に危険を想像するようにして、運転してください。って初心者の私は特にですが。

Comments are closed