すり抜けは違反?

バイクのすり抜けってどうなの?

よくツイッターなどで見かけるのが、「バイクだとすり抜けができるから楽ちん」というものです。
すり抜けって何か知っていますか?すり抜けというのは、車と車の間をすり抜ける行為のこと。

渋滞の時って、車がぜんぜん動かなかったりするじゃないですか。
それを待っているのが辛くて、 バイクの人は車の脇とか前をすり抜けていってしまうんですよね。
私も何度かみたことがあります。実はやったこともあります(笑)。

では、バイクのすり抜けって実際のところはどうなんでしょうか?
バイクのすり抜けって合法なんでしょうか?

バイクのすり抜けに規制はないみたいです

私が調べたところによると、バイクのすり抜けというのを規制する法律はないそう。
これって意外でしたね。だって、バイクのすり抜けって結構あぶない場面がありますよね。
でも、法律ではバイクのすり抜けに対する規制がないんだなあと思ってびっくりしたものです。

厳密にいうと、「バイク用のレーンがある」「十分な幅があって追い越しをしても安全だと判断した」
という場合はバイクのすり抜けをしてもいいみたいなんですよね。

ただ、この場合でも「バイクのすり抜けは右側からで、左側からのバイクのすり抜けはダメ」
ということになっているみたいです。つまり、追い抜きはかならず右からしなければならないってことですね。

でも、バイクのすり抜けって危ないよね…

でも、現実的にバイクのすり抜けってあぶないなあと思うんです。
じつばバイクのすり抜けの事故って結構事故が起きているんですよね。

以前はすり抜けようとした車が誤って転倒してしまい、ライダーが亡くなってしまったというニュースがありました。
こういう事故で命を落としてしまうというのは本当に悲しいこと…。今後はこういことがないようにしたいです。

他にも、車側からはクレームもあるみたいです。
雪の中、道路がつるつるで車が渋滞している時って、車はスリップにすごく気を使うじゃないですか。
なのに、後ろからやってきたバイクに追い抜かれると危ないというか、ヒヤヒヤすると言われたことがあります。
確かに、つるつるの路面で運転するのも躊躇しているところに、いきなり車がつっこんできたらヒヤヒヤしますよね。

バイクのすり抜けは危ない。
それを肝に銘じながら、無理のない運転を心がけていきたいです。本当にね、何かがあったら怖いもの。
バイクのすり抜けはできるだけやめようというか、無理のない運転をしていきたいっておもっています。

Comments are closed