中古のバイクを買ったらやること

中古のバイクを買ったら、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?

中古のバイクを買ったら、そのまま乗り始めるのはよくないそうです。
新品のバイクだと、もちろんそのまま乗ることがいいとされていますが、中古のバイクだとそれができないそうなので、
きをつけなくちゃいけません。

どこに気を付けるのかと言うと、中古のバイクというのはどうしても
「取り替えなくちゃいけない部品」が出てくるとか。そのままバイクに乗るということができないそうなんですね。
では、中古のバイクではどんなものを交換しなくちゃいけないのかを考えていきたいと思います。

プラグは絶対に交換

中古のバイクを買ったら、まずは「プラグ」という部分の交換が必要になるそうです。
これはバイクで走るときに点火させるために必要になるもの。
新しくしておいた方が、点火がいいってことなんだそうですよ~。

高いのかなと思ったら、なんと300円くらいで購入することができるそうですので、買い替えておくと安全でしょうね。
300円で点火がよくなるならかっておきたいです。実際に中古のバイクのプラグをみてみると、
「思った以上に劣化していた」という話もあって、「やっぱり中古のバイクのプラグは交換すべき」と考える人が多いみたいです。
ちゃんとチェックしておきたいですね。

タイヤの交換

そして、中古のバイクを買ったらタイヤの交換もしておきたいです。
これはなんとなくわかりますよね。中古のバイクだと、もしかしたらタイヤが劣化しているかもしれないので
乗ったら怖い…ということでしょう。タイヤも安いものではありませんが、中古のバイクだったらやっぱり交換しておいた方がいいかも。
もちろん、チューブもしっかり新しいものに変えて「いい状態でバイクに乗ることができるようにしておく」ということが大事です。
バイクにとってタイヤは本当に大切なものですから、しっかりといいタイヤにかえておきたいですね。

オイル交換

これも絶対にやっておきたいもの!オイル交換!
中古のバイクに入っているオイルは劣化している可能性大なので、乗る前にきちんと点検をして新しいオイルに変えておきましょう!
オイル交換をしておかないと、いざという時に大変なことになってしまいますからね。
中古のバイクはそのまま乗ることができるものではないので、まずは「きちんと状態をチェックしておく」ということを徹底しましょう。
中古のバイクは、ちゃんとメンテナンスをしてからのろう!ということでしょうね。

Comments are closed