バイクに乗る装備を考える

バイクに乗る時には、それなりの格好をしなくてはなりません。

たまに、自分はバイク用の格好をしているのに、後ろに乗っている彼女?が、すごく足を出していてミニスカートで、薄着で、っていう人を見かけますけど、それはあんまり良くないですよね。

目のやり場に困るというのもありますが、安全面を考えても、あまりいいとは言えません。

前に乗る人は、ぜひ後ろに乗る人の格好にも注意してもらいたいですね。

でも普通にバイクに乗っている人でも、とても薄着の人がいます。

ハーフパンツにサンダルなんていう格好でバイクに乗っている人もいるのです。

近所なのかもしれませんし、近所なのにがちがちの格好をした方がいいとはいいませんが、もう少し考えた方がいいのかなと思います。

だって、近所だからって事故に巻き込まれないとも限ませんし、転ばないとも限りませんしね。

自分が所属しているバイクのサークルの人たちは、いつもちゃんとした装備をしているので、自分もちゃんとした装備をしなきゃと思うし、初心者ながら、軽装すぎる装備の人には疑問を覚えてしまうのです。

じゃあ、どんな格好がいいの?と思う人もいると思いますので、バイクの装備を書いてみます。

私も初心者なので、ツーリングに行く際には、サークル仲間の格好を真似したり、どのような装備がいいのか聞いたりしたので、まとめておきますね。

重要なのは、やっぱりしっかりと装備しておくこと。

これは行く場所、季節に関わらずです。

それは趣味の域というより、最低限の安全を確保するという意味ですごく重要なことだから守らなくては行けないと、私も口をすっぱくして言われました。

そのおかげで、きちんとした装備の知識も付いたと思います。

ヘルメットは必ずフルフェイスかジェットタイプにする。

おしゃれ的には、NGなのかもしれませんが、今はフルフェイスでもおしゃれなものも、ありますし、せめて長距離のツーリングの時には絶対条件と言ってもいいでしょう。

そして、必ず手袋、長袖を着ること。

この3つは絶対に守らなくてはいけないことだと思います。

これを守るということは、自分の命を守るということにつながります。

このヘルメットや手袋、長袖であった場合と、軽装だった場合、転倒や事故に巻き込まれたときのダメージ具合に差が出ることが多いです。

いくら自分は安全運転だからといっていても、事故に巻き込まれないという保証はありません。

一生後悔が残るかもしれません。

防げるところは自分で防いで守っていきたいですよね。

で、あとは、あったら便利だったり、自分を守るために持っていくといいものなどです。

雨具などは急な寒さなどにも対応できるので、持っていった方がいいと思います。

またビニール袋も持っていた方がいいと思いますよ。

これは、急な雨の場合に濡れては困る物入れたりすることもできますし、何かと役に立ちます。

目の悪い人は、コンタクトの予備も忘れないようにしましょう。

バイクでのツーリングは目も疲れますし、ゴミが入ることもあります。

予備がないと、帰りに大変なことになりますし、メガネがあるからと思っている人もいるかもしれませんが、メガネはバイクを運転する上では不便ですよ。

Comments are closed