道交法の改正を勉強!

道路を走る時には、道交法という法律を守って運転しなくてはいけません。

これはバイクに限らず、車も同じですよね。

普段意識することはあまりなく、目にすると言えば、標識や信号とかくらいですが、実はいろいろと決められているんです。

そして、改正されていることも有りますので、定期的にチェックするようにしなくてはなりません。

免許の更新の際に、講習を受けると冊子などがもらえたりしますよね。

そこに改正されたところが、書いてあったりしますので、手元にある人は、見て見るといいかもしれません。

以前はバイクで二人乗りをして、高速を走るは禁止でしたが、道交法の改正により解禁されましたよね。

道交法って実は、結構変わっているんですよね。

それが全てニュースなどで放送されるわけではないので、何が変わったかを知るには、自分で調べるしかありません。

最近では、自転車を車両として扱うこととして左側通行に。というような改正が大々的に、報じられていましたね。

最近の道交法と言えば、その話題で持ちきりです。

自分も勉強してみました。

最近のバイクの改正としては、2つありました。

すみません。私が調べただけなので、抜けているかもしれませんが。

1つ目は、聴覚障害者が二輪の免許がと得るようになったことです。

実はワイドミラーを使用する場合に限り、普通自動車の免許が取れるようにはなっていたのですが、この時の改正ではバイクだけではなく、4tトラックも取得出来るようになったんです。

バイクが乗りたいと思っていた聴覚障害の方は喜んだでしょうね。

こういう改正は、禁止という方向ではなく、間口を広げる改正なので、大歓迎。いいのではないかと私は思います。

もう一つは信号の右折の矢印で、Uターンができるようになったということです。

これってやったことない人、やる必要のない人は、知らなくてもいいことだと思うのですが、実はどちらだかわからなくて、悩みところでもありましたよね。

まあ、悩むのでやらないというようにしていたのが、幸いしました。

これって信号無視の違反になるんです。

でも、Uターン禁止と書いてある場所も多かったので、やる機会もあまりなかったんですけどね。

でも、今回の改正でOKになったわけですから、道を間違えたときや、首都高などに入るときには便利になるのではないかと思います。

今回はたまたま禁止の報告ではなく、OKの方向だったのでいいのですが、道交法はこまめにチェックしないと、今まで大丈夫だったものが禁止で違反になってしまったりもするので、チェックするようにしたいですね。

Comments are closed