新潟県一周の旅

新潟を堪能するツーリング

新潟県は日本海に面した場所ですが、多くのスキー場があることからもわかるように山などの自然も豊富な場所です。
そのため、せっかく新潟に足を運ぶからには、その全てを味わおうと新潟県を一周するツーリングを考えました。
基本的には一般道をメインに新潟を走るコースを設定して、それを実現しました。

新潟県を時計回りする形でツーリングしたのですが、途中の長岡市では雄大な景色を眺めながらゆったりした時間も過ごせました。
この長岡は花火大会でも有名ですから夏に来れば花火も楽しめるのですが、あいにくそのタイミングではありませんでした。
いつか日程を調整して当日にも来てみたいものです。

コメもおいしい新潟県

また、魚沼市は米どころということで水もおいしいのだろうと思っていました。
どこかで湧水などが飲めれば良いと思ったのですが、さすがに事前に調べていなかったので見つけることはできませんでした。
あとから調べたところ、いくつかあったようですから、次はこれらのスポットにも向かいたいと思います。

とはいえ、今回もコシヒカリの田園風景も眺めることができましたので満足しています。
また、国道252号線では線路と並行して走ることができ、運良く電車も見かけることができました。
同じ方向への進行でしたから、しばらく一緒に走ることができました。

田園風景の中を駆け抜ける電車はおのずと心を穏やかにしてくれる存在となりました。
その後は上越市を目指してひたすらバイクを走らせました。
上越地方と言えばスキー場が特に多いエリアであり、冬になればとんでもない量の雪が降る地域でもあります。

珍しい施設も豊富

道路には冬のための設備も整っていて、ほかの地域では見かけない歩道との境目を示すポールなども立っていて、そのようなアイテムを見つける楽しさもありました。
予約していた温泉に泊まり、体をゆっくりと休めたあと、翌日再び新潟市を目指して走りました。
無事に一周を終えて昨日見た景色の場所へと戻ってきたときには大きな達成感を味わうことができました。

今回のツーリングを振り返ると、自然に癒されてばかりの時間でしたが、次回は雪のある季節に来るのもありではないかと思いました。
簡単ではないのですが、雪景色を楽しむために新潟を訪れるのも悪くはないと思っています。
日本酒などさすがは米どころと言えるようなアイテムも豊富ですから、次回は飲食をメインに楽しむような、ゆっくりめのスケジュールを組んでもいいんじゃないかと思っています。

ツーリングそのものを楽しむのはもちろんですが、せっかく地方に行くならば、その土地の食べ物を味わうことにも時間を割いてもいいのではないかと思った次第です。
実現時期は不明ですが、いつか頑張ります。

Comments are closed