新緑の奥武蔵を駆ける

奥武蔵に興味を抱く

日帰りツーリングとして今回は奥武蔵を目的地に選びました。
自然を見ながら走りたいという思いもあったので、この場所にしました。

狭山市から国道299号をひた走り、飯能市の方向へバイクを進めると、その後は圏央道沿いの道に出ます。
このルートは本当に気分よくスムーズに走れるルートなんですが、スピード違反の取締が多いルートでもあるので気をつけたいものです。
このあたりの情報は事前に仕入れていたので安全運転で向かいました。

林道が登場する

飯能市に入ったあとは徐々に自然が多くなっていき、やがては林道と呼べるような道に入ります。
地球の大地はどこまでもつながっているので当然なんですが、都内から数時間でこういう景色を眺めると、本当にひとつの道路でつながっているのだろうかと不思議な気分にもなります。
この林道は舗装されている道路なので、そこまでの心配はないのですが、もしも普段都心部しか走っていないなら一応は気をつけておいたほうがいい場所です。

林道ということもあって、多少の盛り上がりがある箇所もあるために、何も考えずに走ってしまうのは避けておきたいものです。
今回は自然に触れたいという思いがあっての上でのツーリングでしたから、自分としてはこの林道を走った時間は快適でした。
途中で何度かバイクを停めて休憩を入れたのですが、その際には冷え切って澄んだ空気を感じることができ、一瞬でストレス解消になったような気がしています。

走行中も気分がいいのがツーリングですが、こういう休憩中の時間も自分としては幸せを感じられるポイントになっています。
この林道はツーリングコースとしてはかなり人気のようで、多くのバイクを見かけました。

対向車には要注意

また、舗装されている道路は車一車線分なので、対向車が自動車の場合にはすれ違いに苦労してしまう場所もあるので気をつけてください。
もちろん自動車とバイクなのですれ違いができないということはないのですが、慌てて隅によってしまうと未舗装の箇所にタイヤを接地させることになりますので、タイヤを取られてしまわないようにしましょう。
舗装されていない左右にはたくさんの落ち葉もあり、夜露によって湿っている箇所もたくさんあります。

そのため、タイヤを取られてしまうと厄介かもしれません。
慌てるとそこに気を向けることができないので、あらかじめ頭には入れておいたほうがいいと思います。
今回は自動車とすれ違ったのは一度だけでしたが、混雑している時期だったらもっと多くなる可能性もあるので注意しておきたいものです。

しかし、これだけ狭いと自動車と自動車のすれ違いはどうなるのかと疑問に思うのですが、今回はそういうケースに遭遇しなかったので疑問のままです。

Comments are closed