1. >
  2. >
  3. 走行中に役に立つハンドサインについて

走行中に役に立つハンドサインについて

バイクのグローブ

ハンドサインの必要性とは?

ハンドサインとは、その名前の通り、手によるサインという意味です。
これからバイクに乗る方は、一人で乗ることもあるでしょうし、複数で乗る機会も多くなるでしょう。

そんな時にこのハンドサインを知っておくことで、自分の身の安全を守ることだけではなく、ライダーとしての自覚も芽生えてきますので、この機会にぜひ覚えておいて下さい。
そんなハンドサインですが、どの程度バイクを走行する時に必要性があるのでしょうか?

結論から言ってしまうと絶対に必要というわけではありませんが、バイク走行時にこのハンドサインを使用することで、車や他のバイク運転者などに自らの行動を示せるサインになりますので、安全性という意味では非常に必要性が高いと言えるでしょう。
そして、安全性だけではなく、対向車のライダーと挨拶をする意味でもこのハンドサインは利用することができ、ツーリングをする際のライダーとしての質を高めてくれます。

ハンドサインの具体例

必要性が高いハンドサインですが、実際にどのようなケースでこのハンドサインを使用するのでしょうか?
ハンドサインは主に安全性という意味で使う場合が多いのですが、具体例としてはまず仲間にガス欠を知らせるサインとして使えます。
その際のハンドサインの方法ですが、停車中に自らのガソリンタンクを指差すことで、他のライダー達はガス欠であるという認識を持つことができますので、直近のガソリンスタンドに寄るというサインを送れます。

この他にもウィンカーの消し忘れを指摘するハンドサインもあります。
ウィンカーの消し忘れは意外と本人が気付かないので、周りの人が教えてあげることが重要です。

この場合には、前を走るライダーがグーパーを繰り返し行うハンドサインで、本人がウィンカーを消し忘れているということに気付かせることができます。
また、ハンドサインはライダー達だけに使われるサインではなく、車を運転している人に向けたサインもあります。
バイクを走行している人の中で車の横をすり抜けする人も多いでしょう。

そんな時にはライダーが車を運転する人に向かって、手の指を揃えて手首を親指側に起こすことで、謝罪の意味を込めることができます。
このハンドサインを行うことで車のドライバーもライダーに向かって嫌悪感を示すことがなくなります。

まとめ

ハンドサインは前述した通り、ライダー達同士で意思疎通を行えるツールであることは当然のことながら、車のドライバーに対しても利用できるツールとして、覚えておくことに損はしないでしょう。
しかしながら、ハンドサインを自らが知っておかないと仲間から出されたハンドサインも理解できませんので、バイクを乗る前にこのハンドサインを熟知しておきたいところです。

コメントを残す