倒れたバイクの起こし方

倒れたバイクの基本的な起こし方

バイクはツーリングをするなど、車を乗る人などとはまた違った楽しみ方があり、バイクに乗りたいと憧れる人は多いのではないでしょうか?
バイクも車と同様に教習所などに通って、数十時間の教習を受講しなければ免許を取ることができません。

そんなバイクの免許取得時にも、倒れたバイクの起こし方を学ぶ実習がありますが、完全に倒れたバイクをゼロから起こすことはありません。
そして、この倒れたバイクを起こす実習は、最初の難関とも言える場所です。

しかし、ご安心下さい。
重いバイクでは数百キロするバイクですが、力のない女性や力に自信がない人でも重いバイクは必ず起こすことができますので、その方法を今回はご紹介させていただきます。

まず、倒れたバイクは基本的な起こし方があり、この基本を習得すればバイクを起こすことができます。
バイクが左に倒れている場合ですが、左グリップを左手で握って下さい。

グリップを握ったら、手だけ持ち上げるのではなく、車体に自分の腰を当て、右手は手を掛けられる位置に置き、左手と腰と右手で一気にバイクを持ちあげましょう。
イメージとしては、持ち上げるイメージというわけではなく、倒れたバイクと一緒に立ち上がるイメージをしながら持ち上げることで、一緒に立ち上がることができるでしょう。

起こし方のコツ

前述した通り、バイクが倒れた際の基本的な起こし方はイメージができたかと思います。
基本的な起こし方をイメージしたところで、更に起こしやすくするコツも一緒に覚えておきましょう。

基本的な起こし方はあくまでも大型バイクよりも小さな中型バイクをイメージしていますが、大型バイクの場合、更にコツが必要になってきます。
そのコツですが、大型バイクはハンドルからシートまで距離がある場合が多く、基本的な起こし方ではなかなか起き上げることが難しい場合があります。

基本の起こし方で言うところの右手が掛けられる場所がない場合、右手を右グリップで握り、少し車体を持ち上げた際にできた隙間に腰を入れて、両足に力を入れて一気に自分の体と一緒に立ち上がってみて下さい。
ただし、この際に注意したい点が、ハンドルを握る際にはハンドルだけではなく、ブレーキも一緒に握らないとバイクの本体が移動してしまい、起きあげることが難しくなりますので、注意して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
倒れたバイクは無理に起こそうとせずに、ちょっとした方法とコツで意外と簡単に持ち上げることができます。
持ち上げる際にちょっとした力と足で一気に持ち上げるということを頭に入れておいて、決して両腕だけで持ち上げるようなことをしないのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です