ツーリング中の熱さ対策や走行時の注意点について

ツーリング中の服装について

常日頃からバイクに乗り、ツーリングを楽しんでいる方は多いでしょう。
そして、これからツーリングデビューをする人も中にはいることかと思います。

そんなツーリングデビューや初心者の方で、夏休みなどを利用して、夏場のツーリングに出掛ける方にとって、やはり夏場の暑さは非常にきついものがあるでしょう。
そして、夏場のツーリングに欠かせないのはツーリング中の服装です。

バイクは車のように太陽からの光や紫外線などを遮断するものがないので、その暑さを直接受けてしまいます。
また、アスファルトからの照り返しやエンジンから出る熱など暑さについては様々な要因が挙げられます。
どうしても暑さが目立ってしまう為、半袖や短パンなどを履いてしまいたい心理も良く分かるのですが、ツーリング中はどんなに暑くても肌を露出しない服装でツーリングに出掛けることを心がけて下さい。

肌を露出することで前述した通り、太陽光やアスファルトからの照り返しなどを肌に直接受けてしまい、体感温度を急激に挙げてしまいます。
肌を露出しないような服装であれば直射日光を直接受けることがないので、体温を急激に挙げることはありません。

そして、服装を選ぶ際には、メッシュのジャケットや汗の吸収と速乾性に優れた洋服を着用して下さい。
長袖、長ズボンでも通気性の良い洋服を選ぶことで夏場のツーリングでも快適にツーリングを楽しむことができるのです。

暑さ対策グッズ

夏場のツーリングでは洋服意外にも、暑さ対策ができるグッズがあります。
まずは、エアインテークというグッズ。
このエアインテークとは、ジャケットの袖に装着するグッズなのですが、ツーリング中に体に受ける風をジャケット内に取り込むことができ、ジャケット内に風を循環させることができる優れものです。

同じようにエアヘッドと呼ばれるグッズもあります。
このエアヘッドはヘルメットに装着するグッズで、エアインテークと同じく、ヘルメット内に風を循環させることで頭皮のムレや暑さをしのぐグッズです。

真夏時の注意点

最後に真夏時のツーリングを行う場合の注意点をお伝えします。
今までご紹介した通り、服装や暑さ対策グッズを装着することにより、何もしない時よりは非常に高い暑さ対策ができています。

暑さ対策以外に挙げる注意点としては、まず可能であれば気温が上がる日中よりもできるだけ夜間時の走行を心がけることです。
ただし、夜間走行が難しい場合もありますが、ツーリングプランで夜間走行が可能であれば間違いなく夜間のツーリングの方が良いでしょう。
そして、基本中の基本ですが、水分補給は必ず取るようにしなければいけませんので、出掛ける際は必ず水分を持参してツーリングに出掛けて下さい。

Older Entries