私からのアドバイス

これからバイクの免許を取ろうと思っている人にアドバイスをしたいと思います。

といっても、自分自身が初心者なので、あんまりえらそうなことは言えないのですが…

でも、大型のバイクの免許を取りたい!と思っている人に、自分も取れたのだから、大丈夫ということを伝えたいと思います。

園芸サークルに所属していて、車は乗っていてもバイクとは無縁の生活だった私も、バイクの免許を取って、今ではバイクが趣味だと堂々ということができて、仲間もたくさんできました。

この楽しさとうれしさを伝えたいです。

まず、大事なのはバイクも最初から上手な人はいないということです。

私も始めは、女性ですし、これ私には無理なんじゃないだろうかと思っていました。

しかし、一つ一つのことを教習所の先生とやることで、自分にもできるという自信になってきましたよ。

あと、くじけそうなときには、欲しいバイクを探してバイク屋さんに行くのも一つの手です。

かっこいいバイクがたくさんあって、目の保養になりますし、自分が乗りたいと思う気持ちが改めてこみ上げてくると思います。

やる気も出てきますから、練習だけじゃなく、たまにはバイクをただ眺めに行くという日を作ってもいいのではないかと思います。

自分を追い込みたい人は、合宿免許もいいのではないかと思います。

合宿免許だと、同じ志の仲間と過ごすということありますので、仲間に触発されて、頑張るという人も多いです。

しかも合格するまで帰らないという風に決めれば、仲間が次々と合格するのを尻目に自分がそこにいるのも嫌ですし、早く出て仲間とツーリングにいきたいと思うでしょうね。

あと、分からないことは恥ずかしがらずに聞こうと言いたいです。

私は物事すべては、基本が大事だと思っています。

基本をやることができなければ、応用をやっても上辺だけわかったつもりで終わってしまうと思うのです。

もちろんバイクも同様です。

最初の基本が大事だと思います。

逆に基本さえできていれば、後はどうとでもなるというのが持論です。

教習所で習うことは基本です。

ここで分からないことが一つでも出てきてしまうと、後から絶対にそこでのしわ寄せがやってきます。

分からないことは絶対にクリアにして、何度でも構わないので、聞くようにするといいと思います。

聞くは一時の恥って言うじゃないですか!

大丈夫。

そのために教習所はあるんですよ。

そこで習ったことさえきちんとできれば、後で自分なりのアレンジを加えることもできますので、基本を怠らないこと、これが重要だと思います。

Comments are closed