海の道を見つけに西伊豆へ

時間限定の貴重なスポット海の道、西伊豆の観光スポットを訪れる

海の道、ってご存じですか?
西伊豆堂ヶ島でも有名な観光スポットで、引き潮の時間帯だけ海が割れて道が表れる、何とも楽しい現象の事を指します。

この海の道のことをトンボロ現象なんて呼ぶみたいですが、そんな名前はどうでも良いんです!
西伊豆方面って色々と楽しいスポットがあるから、ずっと前から行ってみたくて!

今回、海の道を最終目標として、合わせて西伊豆巡りをしながら、色々と堪能して来ちゃいました!

まず向ったのが、沼津港。
新鮮な海の幸を食べられると言えばやっぱりここですよね!

沼津市内に入ってから国道414号線を通るルートでやってきたこちらの沼津港ですが、色々なお店が立ち並んで居て、好きな所を選び放題!
もし私が近所に住んでいたら、間違いなく毎日通って、色んなお店をコンプリートしちゃうだろうなぁと思うほど、美味しそうなお店がたくさん建ち並んで居ました。

今回訪れたお店では、あじのタタキが乗った三色丼を食べられるお店。
新鮮すぎて、美味しすぎて、思わず感動で号泣しそうになるほど、最初から感情が爆発しちゃってました。

美味しい海の幸を堪能したところで、次に向います。

景色を楽しみながら西伊豆を堪能

沼津港を出た後、国道414号を通って、県道17号線に向い、西伊豆スカイラインへと突入しました。
無料なので気兼ねなく入れましたし、思って居たより全然混んでいなかったので、スイスイ快適、良い気分で進んでいきます。

そのまま西伊豆スカイラインを通ってそのまま、国道136号方面に行こうとしたのですが…
この段階で結構、緩やかなワィンディングが続く道がいくつかあったので、初心者の私はちょっと疲れましたが、ふと見えた海の景色に思わず元気百倍に!
どうも富士山だったみたいで、良い物見られました!

そうして元気になったところで県道410号線へ突入。
峠を下って、やっとのこと、堂ヶ島へと到着しました。

早速海の道へ突入!

何だか運が良いことに、全く引き潮のタイミングとわからないまま訪れて見たら、たまたま海の道が出来ているタイミングに遭遇!
1キロ前後あるとのことで、早速思いっきり走ってみました!

いえ、走る必要は別に無いんですけどね、何だか楽しくなっちゃってつい。

海の道、実際にわたって見ると何だか感動ですね。
普段は海で隠れているのに、タイミングによってはこんなに立派な道が出来上がるのかぁと思うと、何だか自然の神秘を感じさせられました。

そこまで足下も崩れている訳では無かったですけど、多分、ヒールとかだと無理だと思いますので、女性の方はご注意を!
ちょっとぬかるんでいる所もあるので、ヒールだと埋まります。

海の道、最高だったなぁ…。

Comments are closed