東京湾を臨む内房ツーリング

国道127号なぎさライン

千葉県にある内房なぎさラインと呼ばれる国道127号を今回は走ってきました。
そこまで長いコースでもないので、たとえばゆっくり目の時間に出発してツーリングを楽しみたいなんていうときには最適なルートになるんじゃないかと思います。

今回は東京湾アクアラインを渡って千葉県に入り、やがて国道127号に入りました。
そのあと東京湾観音を見物に向かいました。

ここは基本的には無料で入れますし、展望台からは東京湾を見ることができます。
遠くには富士山や都心部のタワーなども見ることができました。

そのあと再び、国道127号に戻ってひた走ったのですが、この国道127号はなぎさラインと呼ばれているだけのことはあって、基本的には海沿いを走ることができます。
時期によってはかなりの混雑があるルートのようですが、今回はそこまでひどいものではありませんでした。
景色も素晴らしく、東京湾もいつも以上に輝いていたように思います。

もみじロードに入る

その後は県道に入いましたが、ここは通称もみじロードと呼ばれている場所で川沿いを走るコースです。
道のサイドにはもみじがたくさん植えられていますので、紅葉の季節にはとんでもなく綺麗なんだと思います。
川に沿ったコースなので、緩やかなカーブが続き、ツーリングをおこなうには最適なコースでもあります。

ここはツーリングやドライブをする人が多い場所で、千葉県においても人気が高いコースのようです。
そのため、今回は渋滞も予想していたのですが、少なくとも訪れた当日はそのようなこともありませんでした。
おかげで川を眺めながらスムーズに進むことができました。

また、多くの人が訪れる場所であることから、途中には何箇所も休憩スポットが用意されています。
紅葉のシーズンにはここに車やバイクを停めて、もみじ狩りをおこなう人がたくさんいるんだと思います。
まわりも田園風景が多いので、それらの景色も相まって本当に素晴らしい景色が眺められる場所なんだと思いました。

休憩スポットの中にはただの駐車スペースのようになっているケースもありますが、売店や食堂がある場所もあります。
また、周囲を散策できるコースもあるようなので、時間がある日にまた来て、これらの散策も楽しんでみたいと思いました。

都心部からすぐの場所にこれだけの自然を味わえる環境があることには感動さえ覚えます。
都心部にばかりいると気づかないことですが、ちょっとの時間をかければこれだけ落ち着いた環境の中に向かうことができるんですよね。
遠い場所へと向かうツーリングも楽しいものですが、これからはこのような近場におけるツーリングも楽しんでいきたいと思います。

とにかく千葉の内房は良い場所だったと言えます。

Comments are closed