南房総へツーリング

関東からのアクセスが良い、南房総巡ってきました

最近バイクブログなどを色々と拝見させて頂くのですが、そう言ったブログを見る度に、行きたい所がどんどん増えて、毎日が休日になりますように、と心の底から願ってます。

まぁそんな非現実的な願いはさておき。
今回は、色んな方のツーリングブログで人気が高いポイント、南房総に行って参りました!

関東から近いこともあって、休日を利用して行きやすいのが大きな魅力なんでしょうね。
しかも、アクアラインやフェリー、色んなアクセス方法があるので、ライダーの好みや気分に合わせてプランを立てられるのも、ライダー心をくすぐるポイント!

色々と検討した結果、私は今回は、養老渓谷から鴨川、フラワーラインを通って、金谷港を通るルートを計画しました!

このコース、実は色んなライダーさんに相談した結果、決めてみたコースなんですが…
私が好きな自然をタップリ堪能出来そうなコースと言うことで、色々と考えた末、このルートで決定。

まずは養老渓谷に向った流れで、粟又の滝をチェック。
ゴーゴーと音を立てるタイプの滝では無くて、さらさらと優しく流れるタイプの滝が、とっても私好みでした。
何だか見ているだけで心が洗われるような、のどかな光景に、ついつい長居をしそうになるのをグッと抑えて次へ!

鴨川に向うと見えてくるシーサイドロードも私好みで最高!
鴨川松島といわれる程、宮城県の松島にうり二つの島があるそうで、見に行って見たら確かにそっくりでびっくり!
滝に続いて更に穏やかで美しい景色を堪能しつつ先に進んでいきました。

フラワーラインで綺麗な花を堪能

さてさて鴨川を通った後は、お待ちかねのフラワーライン!
実はフラワーラインって、日本の道百選に選ばれていて、その名の通り、道路の両脇に色とりどりの花が植えられているんです!

季節に合わせた、手入れの行き届いた綺麗なお花が並んで居て、見ているだけでとってもハッピー!

お花に囲まれたフラワーラインをぬけると、道の駅ローズマリー公園や、フラワーパークなんかもあるので、お花好きな方は是非とも訪れたいですね!
私も行きたかったのですが、今回は時間の都合で泣く泣く割愛。

そして今回の目的地、金谷港のフェリー乗り場に到着しました~!
無事に辿り付いて、夕日が輝く東京湾を眺めながら、帰路についたのですが、何と総200キロ前後走っていたみたいで、それはくたくたになって当然ですね。

これだけ長く走ったのは始めてな気がしますが、よくぞ走りきった、私。
普段は結構すぐにばてて休憩を挟むことが多いのですが、自分が好みのスポットが多かったからか、あんまり疲れを感じず、ゴールまで夢中で駆け抜けちゃいました。

Comments are closed