1. >
  2. >
  3. オーバーヒートの原因と対照法

オーバーヒートの原因と対照法

バイクのハンドル

オーバーヒートの原因とは?

オーバーヒートというバイクの症状を聞いたことがみなさんはありますでしょうか?
そもそもこのオーバーヒートという現象はどのような現象なのでしょうか?

オーバーヒートは、空冷エンジンを採用しているバイクに起こりやすい現象で、オーバーヒートを引き起こしてしまい、エンジンが故障したりする現象です。
オーバーヒートに陥ると、まずエンジン音が通常の音ではなく、何か削れたような音が続きます。

ノッキング音と言いますが、このノッキング音が鳴ったまま走行をしてしまいますと、エンジンの回転が不安定になり、次第にアイドリングが不調になり、最終的にはエンジンが停止してしまいます。
そんなオーバーヒートを起こしてしまう原因としては、いくつかの原因が挙げられます。
まずは天候です。

天候は人にはどうすることもできない部分ですが、エンジンに熱をもってしまうとオーバーヒート現象を引き起こしやすくなってしまいますので、夏場の日中はオーバーヒートを起こしやすい一つの原因でもあります。
また冒頭にお伝えしましたが、空冷エンジンの場合で電動ファンが付いていない場合は、エンジンに冷却する風を当てることができませんので、熱を持ってしまい、オーバーヒートの原因となってしまうのです。

オーバーヒートの対処法

それでは、そんなオーバーヒート現象を対処できる方法はあるのでしょうか?
オーバーヒート現象を対処する方法として、挙げるとすればまずはバイクの回転数を上げ過ぎないようにすることが大切です。
回転数はエンジンの熱に直接関係する部分でありますので、この回転数を極力抑えることに努めてバイク走行を行うことでオーバーヒート現象を起こす可能性を下げてくれます。

また、前述した通り、電動ファンが付いていないバイクについてはオーバーヒート現象が起きやすいので、後付けの電動ファンを付けることをおすすめします。
やはりエンジンを冷やす電動ファンが付いているバイクと付いていないバイクでは、オーバーヒート現象を引き起こす可能性が全然違ってきます。

その他にも、長距離運転をする場合ですが、エンジンを長時間稼働させていれば、電動ファンが付いていたとしても、オーバーヒート現象になってしまう場合があります。
この場合は、こまめにエンジンを休ませるという意味でも休憩を取ることが必須となりますので、覚えておいて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
オーバーヒート現象は、エンジンに熱を持ってしまい引き起こしてしまう現象です。

事前の対策と対処法を実施するだけでこのオーバーヒート現象を引き起こす可能性は格段に下がります。
これからバイクに乗る際にはぜひこのオーバーヒート現象に注意していただき、楽しくバイクに乗っていただきたいと思います。

コメントを残す