1. >
  2. >
  3. 安全に駐輪・停止させるギアの入れ方

安全に駐輪・停止させるギアの入れ方

バイクを停めている駐車場

バイクを停める場所

バイクの免許をこれから取得したいと考えている人や取得してこれからバイクに乗る方にぜひ覚えておきたいことがあります。
それはバイクを停める場所についてのしっかりとした知識です。
今回はバイク初心者の方の為にもこのバイクを停める場所についてなど、バイクの一般常識についてみなさんにご紹介させていただきます。

バイクの一般常識として、まずはバイクを停める場所についてですが、バイクは見ての通り、二輪車ですので、四輪車の車とは異なります。
まず、バイクを停める場所として、見極めていただきたい点が、必ずアスファルトの上に停めるということです。

また、アスファルトであっても例えば剥がれている場所やまだアスファルトが完成してから間もない場所に停めてしまうとバイクの重さにアスファルトが耐えきれず、バイクが倒れてしまうということが起きてしまいます。
このようなことも考慮して、必ずしっかりとしたアスファルトに停めるということを必ず覚えておいて下さい。
もちろん車同様に他のライダーや通行者の邪魔にならない場所に停めるということは言うまでもありません。

バイクのギアの入れ方

バイクを停める場所については前述した通りですが、バイクを停める際に注意していただきたいポイントがギアの入れ方についてです。
まずバイクを停める際にはギアを確実に1速に入れてハンドルは左側に切って下さい。
この理由としては、1速にギアを入れることで、坂道などで停車する場合でもバイクが動いたり、転倒してしまったりすることを防げるからです。

そしてエンジンを切った後にはギアを1速からニュートラルに入れることも忘れずに行ってください。
ニュートラルにするコツとしては、クラッチを使用せずにバイクを前後に動かしてニュートラルにギアを入れることができます。

センタースタンドの使い方

一般的には、バイクを停車させる場合、サイドに付いているサイドスタンドを使用しますが、バイクによってはセンタースタンドを使用する場合もあります。
センタースタンドでバイクを停めるケースですが、バイクを長時間の間、停車する場合などにこのセンタースタンドは安定性がサイドスタンドよりも優れていますので、使用します。

方法としては、まずバイクの左側に立ち、両手でハンドルを握って下さい。
そして、右足でセンタースタンドを引き下げ、右足に全体重をかけてバイクを持ち上げるイメージで良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バイクに始めて乗る人などは走らせるテクニックばかりに頭がいってしまい、停める際のことをあまり考えない人が多いので、バイクを停車する場合には基本的な方法とちょっとしたコツがあるということを覚えておいて下さい。

コメントを残す